くもりのち

42歳、不妊治療とそれなりの日々。天使からリプロ東京に転院しました。

CD15 リプロ3回目の採卵

 

8時集合。

速攻処置室に呼ばれ・ ・ ・ 個室に通されました。なにこの特別感。

 

・ ・ ・ に浸る間もなく、今日はトップバッターですと告げられる。

無麻酔だから?それとも数が少ないから??

 

なんか動揺してたのか、手術室に向かってる時に

「トップバッターなのって無麻酔だからですかね?」

って今それ言う?!的発言をしてしまった・ ・ ・ 。

脳が現実逃避してたんだね、私!

 

そしたら、今日は1/3の方が無麻酔とのこと。

 


今日の採卵は、初のスーパーバイザーだった!


が、今までの採卵で一番痛かった・ ・ ・ 。
二桁採卵していて初めて、もうやめてーーもうこれ以上卵胞なくていいよ!!

と思ってしまった・ ・ ・ 。
採卵中ずっと、シュラスコの銀色の串が浮かんでた(お腹空いてたから肉付きで)。

 

採卵の痛み、

 

スーパーバイザー>>超えられない壁>>>院長>O原先生

 

こんな感じです。

でも後々、小さい卵胞が多かったから痛かったのかなと思い直しました。

 

 

またしても出るタイミングがつかめず、ソワソワしながら、戻ってきて15分後くらいに

ベッドからノソノソ起きあがりました。

 

採卵もさることながら、本当にガーゼ痛い・ ・ ・ 。

座るのも痛いし、抜くのも痛いんだよね・ ・ ・ 。

内診室、O原先生でした。

 

 

診察は院長。

採れた卵は4個・ ・ ・ 。

あれだけ刺してて、あんなに痛くて、予定個数いってないのか。なるほどですねー。

院長曰く、小さい卵胞は空胞だったようだと。

いや、10ミリ以上が6個あったはずなのに、あと2個どーした?

 

卵子回収個数、リプロでの採卵3回で、6→5→4ときれいな右肩下がり・ ・ ・ 。泣きたくなります。

やはり3連続高刺激はダメだったのかな・ ・ ・ 。

 

受精方法は、旦那の成績は毎回良いので、今回もふりかけを勧められましたが、

 

・前回3PNばかりだったので顕微が良い?

・でも天使で顕微の凍結が一回もできなかったので合ってない?

 

と質問すると、合っていない場合もある、と。

でも、異常受精ばかりでも仕方がないので・ ・ ・ ということなので、半々にしました。

受精結果はメールで。

 

はー・ ・ ・ もう高刺激やめようかな。私の場合あまり意味ないよね。痛くて高いだけ。 

40歳11ヶ月で、天使の中刺激(レトロ+フェリング2回)でMⅡ6+MⅠ2+GV1採れたのが

最高記録。まー出産できなきゃ意味ないが。

 

 

あと、どうしてもリプロの採卵後で解せないのが、どうしてその日に成熟卵なのか

わからないのかな?

KLCから転院された方のブログを拝見しても、その辺り戸惑っていらっしゃった

ようで・ ・ ・ 。

他のクリニックはどうなんでしょう?

 

卵の経過説明も、電話と凍結確認の場では違うことを言われたり、経過がハッキリ

しなかったりと、採卵後は正直不信感が・ ・ ・ 。

 

 

なにはともあれ、採れた4個を信じるしかないんだけど、信じきれない自分・ ・ ・ 。

前回の悪夢がトラウマ過ぎて・ ・ ・ 。

 

とりあえず、費用面でも厳しいので、次周期は休みます。

 

 

最後に、今日の記事で一番伝えたかったこと・ ・ ・ それは、

 

 

O原先生パーマかけてなかった!!←