くもりのち

42歳、不妊治療とそれなりの日々。天使からリプロ東京に転院しました。

リプロに転院

 

はいどうも!

天使に1個胚盤胞を残したまま、転院するべく昨日リプロに行ってきました。

 

春に検査しに行ったときは、竹内先生か土信田先生。

なんとなく、勝手にどちらかだと思ってました。

だから、診察室に呼ばれて先生の顔を拝見するなり、

 

誰ーー?!!

 

関西弁の若そうな大原先生。話しやすくてよかった。

 

まずは、「あれからいかがですか?」とたずねられ、流産したこと、その経緯を詳しく。

 

一通り説明すると、次から早速採卵周期に入ります、と。

ああ、やっぱりですねー。

リサーチ通り、リプロではhcgさえ下がっていれば採卵してオッケーだって・ ・ ・ 。

なるほどですねー。

 

天使では、流産後の採卵は2周期の調整期間が入ります。

満を持して3周期目に採卵したのに、初めての凍結ゼロ!

さらに4周期目も凍結ゼロ!!

 

・ ・ ・ そんな最弱ポンコツ生殖機能を持つ私なので、流産後に薬で整えることもせず

採卵するなんて、リプロのお高い治療代をドブに捨てる気しかしない・ ・ ・ 。

(逆に、調整してもダメだったので、調整自体意味ない?のかもしれないけど)

 

やっぱりもう少し待って、来年行けば良かったのかなぁ・ ・ ・ 。

 

 

不育症の検査、杉で3年くらい前にやったものなので、やり直したいと申し出ました。

できれば、ヘパリンはやりたくないなー的臭わせも、話しやすい先生だからこそ。

流産3回の、来月42歳がなに言ってんだと思いましたが・ ・ ・ 。

 

 

そして水腫の件。

卵管なら抜けばオッケーで、内膜にあったら手術って・ ・ ・ 内膜になかったっけ?><

(場所もわかってないポンコツ

 

でも先生曰く、内膜にあったらそもそも移植なんて勧めるわけがない、だそうで。

結局、着床してるから大丈夫ということだった。本当かな・ ・ ・ 。←

 

 

最後に採血。

大4本小3本採りました。
不育症、ビタD、DHEAS、テストステロン、hcg。

 

次の生理に採卵周期で予約、hcgの結果をみて採卵できるか決まります。

 

 

--------

 

帰り、旦那とサク飲み。

 


     f:id:kumori8739:20191124165225j:image

 

 

サク飲みにはプロントでしょ!

 

前日からピーピーなくせに強行し、ビールとごぼうのから揚げでとどめを刺した模様。

今日はお粥です・ ・ ・ 。食べることだけが生きがいなのに・ ・ ・ 。