くもりのち

42歳、不妊治療とそれなりの日々。天使からリプロ東京に転院しました。

リプロ東京 初診

 

ついに重い腰を上げて、行ってきましたリプロ東京。

 

15時からの予約ですが、14時半までに来るよう言われました。

今からチェックインみたいな、ホテルのフロントを思わせる受付。優雅にコーヒー

すすりたくなる、素敵な天窓がある待合所。

 

待合所では、周りのスケスケ椅子に座るのが気楽ですね。

ついついふかふかそうな茶色のソファに吸い寄せられますが、端っこが取れないと

呼ばれて出るときに気ィ使います。。

 

今日は検査とセカオピを希望しといたのですが、受付で内診もと言われました。

15時の予約から、待つこと40分。やっとこさ内診に呼ばれました。

なんせ天使クリニックでは一日の人数制限があるので、滞在時間1時間40分ほど。

早速、マンモスクリニックの洗礼を受けました。

その間に、気のせいかトイレに行きたくなりましたが、院外に出たところにあるので

ついつい億劫に。

気のせいだというテイで待つことにしました。

 

中に入ると、さらに小部屋が。どうやらここで下を脱ぐらしい。

というか、更衣室というより、更衣室のロッカー並みに狭いっす。あの豪華な

待合所からのギャップがすごい。

ジーンズとか脱ぎ着がめんどいやつ着てきて後悔。みなさんスカート率が高いのが

わかる気がする。

 

下がポンになり、タオルで男の温泉スタイルのように前だけ隠して内診室に入ります。

すると、内診台とモニター、かなり前方に大カーテンが。この距離感の意味が

わからない。

 

内診担当の先生、若い頃おモテになりましたでしょう?という感じ。

天使クリニックと違って、内診しながらちゃんと説明してくれるのにちょっと感激。

 

内膜9ミリ、ちょうどいいですね!

子宮筋腫がありますね、13ミリ。妊娠には関係ないですからね!

これが右の卵巣・ ・ ・ これが左の卵巣・ ・ ・ チョコはないですね!

 

天使クリニックでは、問題がなければなにも言いません。

子宮筋腫があるっていうのも、流産手術の時に他の病院で知って「えっ?!!」て

腹から声出ましたから。

 

 

終わって、診察室に呼ばれるのを待ちます。

尿意が気のせいレベルを超えてきたので、ファイルを受付に預けてトイレへ。

内診が終わってから20分ほど待って、診察に呼ばれました。

 

担当は竹内院長。

背中の方でブィーーーンと謎音がしていて、それほどお声の大きい感じではない

先生なので、身を乗り出してしまいました。

 

で、セカオピ希望だったのでもっと今までの治療歴とか、問題点とか掘り下げて

くれるのかと思いきや、それはちょっとだけで。

今必要な検査は・ ・ ・ と淡々とおっしゃり、それで終わりそうだったので、現状と

聞きたいことをしゃべり倒しました。

 

・休んだら採卵治療を拒否されるクリニックに行っている

・内緒でBCE検査できないか

・P4が足りないから、どうせ移植できないので、現クリニックの移植周期に検査できないか

・慢性子宮内膜炎を聞いたことがないとバッサリ斬られた

・色々疑問もあったが、心拍までいったこと、胚盤胞が多くできている事実があり、

 ズルズルとやり続けてしまった

 

・ ・ ・ 等々。

 

先生は、

 

「P4が足りなければ、補充してもらえばいいじゃない。」

 

と、まるでマリーアントワネットのようなことをさらりと仰るので、

 

「そんなこと言えません。他に行ってくれと罵倒されます。」

 

と、涙ながらに訴えました。

 

先生は、今のクリニックの途中で休めないこと、意見が通らないこと、患者にあった

やり方ができないこと、等々を批判的に捉えられていました。

そして、先生に両頬ひっぱたかれたようなこの言葉で、ハッ!!と目が覚めました。

 

 

「あなたのための治療であって、先生のための治療ではないのだから!」

 

 

・ ・ ・ 先生・ ・ ・ !!

 

検査が・ ・ ・ ・ ・ ・ したいです・ ・ ・ ・ ・ ・ !!!

 

(今の若い子は、スラダンの名言を「時代が違うからわからない」と言うらしい)

 

・ ・ ・ いや、BCE検査なんて正直したくないっすよ・ ・ ・ 。。。。。

ねぇねぇ、天使クリニックの膣八つ裂き消毒とどっちが痛い?誰か・ ・ ・誰か

教えてくだされ・ ・ ・ ><

私、二度の流産手術をラミナリアなしの先生にしてもらったんでねぇ・ ・ ・

最初の処置からして怖いっす・ ・ ・ 。。。。。

(追記:最近方法が変わったらしく、ラミナリアなしでできました。)

 

でももう後には引けません。いつまでもぬるま湯のままじゃ、結果なんか出ないんです。

次の生理来たら、諦めてBCE予約します。

 

そして、ある意味同じくらい恐怖の天使クリニック院長に(恐怖の天使クリニックって一体)

もう採卵はできなくなってもいい、しばらく休みたいと申し出ること。

これだけでも、不妊治療で何も痛いことしてない(むしろ逆な)旦那に代わって

もらいたいよ ><

 

 

診察で、ビタミンDと銅亜鉛の検査を勧められ、感染症検査とともに採血することに。

BCE検査の時、結果を聞くことになるのでしょう。

 

 

というわけで、長くなりましたがリプロ初診記録でした。

あーいろいろストレスで逆食がひどい。